So-net無料ブログ作成
検索選択

アルバム『Too many people』の感想

まだじっくり聴き込んだわけではないので、1曲ずつのレビューではなく、全体の印象という程度でしかないが、本日リリースされた『Too many people』の感想を書き残しておく。

キーワードは、「叫び」、「1990年代後半」、「再生」である。


一聴して感じたのは、「叫び」である。

明らかに「シャウト系」の楽曲や、語尾の「シャウト」が多い。歌い方のせいなのか、レコーディングの仕方によるものなのか分からないが、このアルバムの大きな特徴として聞こえる。

その「叫び」は、歌詞にも見て取れる。事件後最初のアルバムということで、どうしても歌詞に注目してしまう。そう読み込んでしまうからかもしれないが、やはり内面の心情吐露と受け取れるフレーズが目につく。何となく字足らずや字余りの歌詞が多く感じるが、ならされていないゴツゴツした歌詞が、余計にリアルさを増して伝わる。言わば、内なる「叫び」である。

それら、物理的な声の「叫び」と歌詞に込められた内面の「叫び」が何度も重なると、聴き手の心は徐々に揺さぶられていく。私たちはそこに、ASKAの「魂の叫び」を感じ取る。メロディに歌詞が乗るというより、詞が歌われているというような表題曲「Too many people」は、その代表ではないだろうか。


つづいて、「1990年代後半」。

これはファンの悪い癖であるが、聴き進めて行くと、「あの曲に似てるな」とか「あの頃の雰囲気がする」といった感想が自然と沸き起こる。今回は聞くまでの経緯から、とくにそう思って聴いてしまう節があった。

全体を通して、『NEVER END』以降の、チャゲアスとASKAソロを彷彿させるものがあった。アレンジや楽器の少なさのせいかもしれないが、『Code Name』1・2の削ぎ落としサウンドや、『ONE』の軽いポップさ、『kicks』の鋭角なロックが際立つサウンドを思い出させる楽曲が、多く感じられた。

いわゆる「全盛期」のようなキャッチーさこそないが、耳馴染みの良い「チャゲアスらしさ」のあるポップ感に、フォークっぽい肌触りもあり、歌謡曲っぽい収まりの良さもある、全体として「ASKA」を象徴するようなアルバムになっている。もちろん、懐かしさだけで終わらないのがASKAであり、期待通り、「新しいASKA」を見せてくれる楽曲もあった。これまた「Too many people」がその代表だが、「と、いう話さ」の歌い方などアルバム全体としても「新しさ」が随所に散りばめられていた感じがした。


三つ目のキーワードは「再生」である。

ASKA自身は、これを機に活動を再開するつもりではないと述べているが、「休止」状態から「再生」したことは確かである。明らかに「再生」(プレイ)ボタンは押されたわけである。

「再生ボタン」と言うと、私(たち)もまた「再生」を味わった。それは、CDを「再生」するという動作である。

よくレコードを経験した世代の人たちが使う、「レコードに針を落とす瞬間」という表現があるが、今や「CDを再生する」という行為も、そんなノスタルジックな要素を帯びたものになっているかもしれない。「アナログ感」とでも言えようか。もちろんCDもデジタル音源ではあるが、音楽配信が主流となった時代において、失われつつある感覚かもしれない。

CDをケースから取り出し、プレーヤーに入れて、再生ボタンを押す。歌詞カードに目を落とし、生唾を飲んで曲が始まるのを待つ。一瞬の沈黙と、そこに漂う緊張感。音楽配信では味わえないアナログ感である。この感覚を久々に「再生」(リプレイ)した気がした。

このアルバムは、ASKAの「生まれ変わる」出発点となるアルバムである。一度「死んだ」と言うと失礼だが、ファンの立場はそこまで落とされてしまった。ここから真の「再生」を期待したい。そうなるきっかけのアルバムになって欲しい。

そんなことを思いながら、もう一度CDを「再生」して、聴き込んでみようと思う。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。